旅が格段と面白くなる大事な5つの意識

超晴れ女なのに太陽が出ている日は目が全然開かないerianneです。

今日は行く前に知ってたらもっともっと旅が楽しめたのになぁーと思ったことがあったのでご紹介してみようかと❤

その土地の歴史を知るべし‼‼‼

私も歴史は昔全然興味がなくて、苦手だったから勉強するのもその場凌ぎ系でしたぁぁx

しかーし。旅の途中で自称歴史ヲタクと名乗る方や元歴史の先生と名乗る方にお会いしました。そしたら見る世界も見る観点もみーんな変わったんです。

それってありきたりでどういうこと?ってなりますよねぇ?

そう。あれは私がひとりぼっちでヨルダンからイスラエルにノースタンプで入国した時のお話です…(後にスーダンに行く予定があったのでアレンビーブリッジという国境から入国しました。国境越えのお話はまた別の時にお話しますね)

イスラエルは歴史の深い国というのは知っておりました。そして私はどこからか死海沿いにある【マサダ】という絶景がある情報を手に入れました。そこでドローンを飛ばそう!って思ったんです。

これがその場所👇

IMG_5542-01-01

どうです??

どんな感想が出てきますか??

きっと「綺麗だなー」とか「すごいねー!」とかそんな薄っぺらい感想が出てきちゃうでしょ?笑 私も絶景を見た時はそんな感じの感想でした。←

では、この場所で実際にあった歴史のお話を挟んでみます💡

これは第1次ユダヤ戦争(対ローマ帝国)の遺跡のお話。

【マサダ】 とはヘブライ語で 要塞 を意味している。

このマサダは死海のほとりの砂漠にそびえる岩山にあり、山頂へは『蛇の道』と呼ばれる細い登山道が一本あるのみで、周囲は崖でした。

紀元前63年以降、ユダヤ地方はローマ帝国の直接支配となった。

ユダヤ人の中には、ローマへの納税を拒否したり、皇帝の像の刻まれた貨幣を使おうとしない、反ローマ派が生まれ、ローマによるユダヤ人殺害があった。

ユダヤ側の本拠地であったエルサレムが陥落し、そして死海沿岸の地ここマサダには反ローマの別のユダヤ人集団、967名が立て篭っていた。そこで1万5千のローマ兵は西側の崖を埋めて突入口を作ったのだ。

そして陥落が迫った時、ユダヤ人たちは異教徒の下では暮らせないと、誇り高い死を自ら選ぶことにした。陶片に名前を書いたものをくじとして引いて、当たった者たち10人がそれぞれのグループの者を刺し殺した。そしてその10人が更にくじを引いて、当たった1名が9人を殺し、最後にその1人が自ら命を絶った。

生きながらえたのは女性と子供の7人だったという。

これ以降、ユダヤ人たちの全世界への離散が加速したと言われている。

現在、イスラエル軍の新兵たちは、夜にこのマサダの遺跡に登り、片手に銃、片手に聖書を持ち、大地に見える【マサダは二度と陥落させない】という火文字をしっかり脳裏に叩き込まされるという

それじゃあ、もう一回この写真を見てみてください。

IMG_5542-01-01

この砦に続く一本道が実際に1万5千のローマ兵が攻め入った坂です。

自分がこの砦に立て篭もっているユダヤ人だとしたらどう感じますか?

1万5千のローマ兵が自分の目に映ったらどうですか?

少なくとも最初に写真を見た時よりは感じる幅が広がったのではないでしょうか??

季節を考えて訪れるべし‼‼

私の旅は西回りでスタートしました。

スタートして5ヶ月間一度も雨に降られませんでした。

すんごい晴れ女っていうのをアピールしたかったわけではなく、やっぱり季節は大事だと感じました。見える景色も、自分の気持ちも旅への意欲も更に高まります

分かりやすいのはヨーロッパですね。

IMG_9332-01-01.jpeg

夏のヨーロッパは大半天気が安定していて、空も色を塗り足したような青!

しかし冬のヨーロッパはどんよりした天気が多いです。夜も長いですし…でもクリスマスマーケットだったりは季節ものなのでどんな景色を見たいのかによって季節はしっかり見て行った方が旅のモチベーションも違うかもしれないですね^^

コレクションしてみるべし‼‼

これはやっている人も多い項目です‼‼

貨幣や瓶ビールのキャップとか💡

私はお札とビールのラベル集めをしておりました💡

他にも切手やワッペン、マグネットなど集めている人に会ったことがあります。

また、3枚目の様に、国ごとにお札をまとめて写真を撮ったりしてもわかりやすいかもしれません。

ビールのラベルやキャップに関しては、どこかにその飲んだビールの味の特徴や印象を残しておいても面白いと思いました。

何かコレクションするものがあると帰ってきた時に思い返すきっかけにもなりますよね?

旅の楽しみがまた別の観点で増えてワクワクが増えるかもしれませんよ

スライドショーには JavaScript が必要です。

”生の情報”を集めた場所を訪れるべし‼‼

これは是非やっていただきたい事。いつもじゃなくていいんです。

ここでの”生の情報”っていうのは、自分の足で歩いて得るもの。自分が現地の人や別の旅行者に話しかけて得る情報の事。もちろん時間も必要になりますし、体力も使う事になるかと思います。その苦労がある事で見る世界や印象がすごく変わります。

IMG_4683

ネットが普及して情報を得やすくなった今、特に誰に聞かずとも自分の行きたい場所を調べればすぐに行けるので旅が容易くなりました。そして全て写真として情報が入るため移動も簡単になったからこそ、短い時間でたくさんの場所を訪れられるようになりましたよね?

ネットで『場所+絶景』とかで検索しちゃったりしませんか?私もやります笑

特にすごい絶景とか見つけちゃうと何回も何回もそこに行くまでに目に焼き付けちゃいますよね‼‼

旅ブログを書いている方たちは本当にすごくて、行き方や道の風景なんかも載せてくれていたり、丁寧に書いてくださっているので、閲覧している旅人たちは行くまでのシュミレーションが頭の中で出来上がっています。だから初めて行く場所なのに見た事ある様なそんな感覚になり、新鮮さとしては薄れてしまっているんです。

いつの間にか国数を稼ぐ方が優先になってしまっていませんか?

行きたい場所だけピンポイントで行って次の街へにプラスして見た事も聞いた事もない想像のできない場所にネットの情報を入れずに行って見てください。すごく大変な思いはすると思いますが、開拓者となったあなたの旅は他の人と違う特別ものになりますよ^^

IMG_4748-01

【実際の思い出話】

私は自分の足で聞き込みをして集めた情報により、ラオスのルアンパバーンからフアイサーイという国境の町までメコン川の上約450kmをスピードボートで移動することになりました。

 

現地のおばちゃんは「毎日出てるわけじゃないからねぇ〜なんせ人が集まんないと乗れないのよ?」なんてレア感を伝えてくるので早朝からワクワクして待つ私。

 

その後タイムリミット近くなった時、「集まったわよ!やったわね!!」なんて興奮状態でテンションも上がる〜

そして…

 

IMG_4739-01-01.jpeg

ん?思ったのとなんか違う。

女の私でも小さく体育座りをしてヘルメットをかぶる。このヘルメット4つ入ってるスペースに2人座ります。爆

なんなら、1人で座っても狭いですw

狭すぎてスタートして15分でお尻とあしの感覚がなくなる拷問の狭さ。

これが8時間www炎天下と水しぶき。

小さい波が立とうものならボートが波に乗っかってそのボートは空を飛びます。

(もちろんそんなボートは現地人しか乗ってませんよ?)

20161018_142229-01

何回も何回も乗り換えて

「ねぇ、私のお尻ちゃんとある?なくなってない??」って心配になりました。

旅中の辛かった移動シリーズではベスト3に入る辛さでしたが、こんな経験をしたからもちろん一生忘れることのない1日になりました。笑

やっぱネットでちゃんと調べていくわってなっちゃったかな?笑

話はそれたけど、旅が面白くなる5つ目の大事な意識。

やり切れる目的を持って旅をするべし

多分これが一番大事だと私は思います。

世界に出たいと思う理由なんて何でも良いし、むしろなくたっていいんです。

ない人たちが理由はあった方が良いからって何となくその場で考えてみたところ、思いつくのが【行ったことないところに行きたい。見たことないものを見てみたい。海外に出てみたい。】そんな理由なんです。きっかけがそう思うというのは十分だと思います。

でも、それらはおそらく旅に出て、間もなく達成できる事。そして、会社で勤めながらでも学生の内の春休みでも、1週間のお休みでもできること。

そうやって旅に出た旅人は、目的を失い(というよりは達成してしまい)、なんで旅しているんだっけ?って感じるようになります。物足りなくなってくるんです。絶景麻痺してきた。なんて言う人もいます。麻痺じゃなくて目的が終わっているから迷っているんです。そのままスタンプラリーだけしておくか。って宿からも出なくなって印象も残らない場所、10分で通り過ぎてしまう国が出てきてしまうこともあります。それがダメだということではなく、普通のことなんだと感じます。

かといって、必ずしもみんなが目的を持っているかと言われれば違う場合もありますよね。それを悲観的に思わず、色々な事にアンテナを立てて、どんなことも経験して、どんな人とでもコミュニケーションを取っていく意識をするだけでも世界は違って見えてくるはずです。

自分の事なのに、自分が一番わからなくなっちゃって。不思議ですよね。笑

就活をするときに【自己分析】ってしましたよね?学生の方はこれからやる事になると思います。その自己分析をたくさんしてください。

自分は何が好きなのか?

どんな時に嬉しい、楽しい、大好き、ワクワクしたり、興奮したり、プラスの感情が溢れるのか?

今まで長く続けてきたことの共通点ってなんなんだろう?

昔、好きだった教科は何?何で好きだったの?

どんな時に悲しいな、不安だな、怖いな、マイナスの感情が出るんだろう?

自分に問いかけてみてください。

そうすると自然と本当に自分のやりたいことだったり、挑戦してみたいことが見えてくるかもしれません。そうやって見つけた目的はきっと魅惑の惑星地球は包みこんで、いろいろな経験とあなただけの新しい世界を見せてくれるに違いないと思いますよ。

思い切って世界一周などの旅に出るからこそ、あなただけの特別な旅路になるといいですね

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
*世界一周ブログに参加しています。こちらの世界一周ボタンをクリックしていただき、ページが移動することでランキングが上がっていく仕組みになっています。是非、応援の1クリック宜しくお願いします。

 

投稿者: 0eria0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です