旅で感じた【ハグの本当の力】

こんにちは。

おっぱいよりお尻派のerianneです。

ちなみに私は…どちらもありません…..沈(今から育つ方法を教えてください)

 

 

今日のテーマは【ハグ】について。

抱きしめる行為いついて考えてみました💡

 

ハグの印象

 

あなたはハグをする時ってどんな印象ですか?

 

 

すごく特別なもの

恋人同士でするもの

 

 

そんな印象ですか?

 

 

私たちが過ごしてきた日本の文化ではハグって日常的なものではないですし、どちらかというと、恋愛対象の相手とするもの。のイメージが強く、見ることもすることも多くはないですよね。

 

 

なんでなんだろう?

 

改めて私なりに考えてみたんだけど

 

ハグは特別なものだし、する時ってなんだか勇気がいるもの。人前だったりすると気恥ずかしかったり、相手もいるものだから、【相手の気持ちはどうなんだろう?】【嫌な気分にさせてしまうかもしれない。】と考えてしまうのかな。

礼儀として【ハグを慎んでいる】みたいな感覚もあるかもしれない。それは文化だし、尊重していきたい部分でもあります。



 

 

旅して感じたハグ

日本だけでなくアジア圏、ではハグの文化が少ない国が多かったように感じます。

 

中南米や途上国では【初めまして】【久しぶり】【さよなら】の時に挨拶でハグをすることが多かったですが、私の中の印象では先進国は挨拶であれば握手、親しい間柄になって初めてハグのイメージもありました。

 

そのハグをした時に感じたのは優しさ

どちらかというと、強く抱きしめるのではなくて優しく包み込んでくれるような緩いハグでした

 

 

1人で旅をしているとどうしても寂しくなって、現地の人に助けを求めに行くのは少なくなく、手を差し伸べてくれた後のお別れの時や寂しさや不安を感じた時もそう。”ありがとう”や”気を付けて行ってらっしゃい”などそんな言葉が背景には考えられる時にハグをしてくれていたし、そんな時は必ず愛情を感じたり、安心感を持てました

 

 

 

ハグは【相手がどう思うか】という感覚から、勇気エネルギー与えたい時にするものなのかも…と感じるようになりました

初めて、ハグ文化の地域に行った時は、戸惑ったり、見よう見まねでなんとなくしていたハグでしたがハグをすることで伝えるエネルギーを感じ、安心を感に包まれるものとして少しイメージは変わったように思います

 



 

 

 

まとめ

 

上記でもお話ししたようにハグ=相手を包み込むように抱きしめる行為

 

ハグの力の本質には愛情あるハグではなくて

⭐嬉しい

⭐感謝を伝えたい

⭐ホッとした時

⭐心配な気持ち

⭐不安で押しつぶされそうな時

 

 

お互いのエネルギーを確認し合うこと

そして言葉では伝わらない暖かい勇気を与えるもの なのかも知れません

 

 

 

そして、ハグについて少し調べてみたところ

ハグにはヒーリング効果がありストレスレベルが下がるとも言われているそうです。

 

そう考えるとハグに対しての距離感は少し埋められる気がしました。

 

 

もしもあなたの周りに恐怖や不安で震える人がいたら、ハグをしてあげてください。

 

もしもあなたの周りに嬉しいことが起こった時や誰かを応援したい時は、ハグしてあげてください。

 

そして、最初は難しいかもしれませんが、あなた自身がそのような感情を抱いた時も同じように誰かを頼ってハグによるエネルギーをもらってください。

 

優しさを与えることも甘えることも恥ずかしいことじゃないです。

 

愛やエネルギーは与えたら与えた分、増え続けるものと私は思っています。

 

 

 

是非この記事はたくさんの人に読んでもらいたいですし、読んでくださって共感を持ってもらえたのなら、是非あなたから行動をしてみてほしいです。

 

 

読み終わったら👇をクリックお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

もれなく鼻の下伸ばして喜びます




投稿者: 0eria0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です