金なし4000m爆走事件

(写真は昔のデジカメで撮ったもの)

 

これは2012年、約6年前のお話である

当時ノートにつけていた日記参照

前回の続き

 

 

 

 

行ってもた…..

 

 

どうする?(༎ຶ ◡༎ຶ )

ね、ね、どうする?( ༎ຶ ◡༎ຶ)

 

 

(絶対にさおりは私がまもるからぁぁああ!)

脳内によぎる記憶

 

 

 

真っ暗闇にポツンと残された私たち

この後どうすればいいのかなんてわからず

ただ半べそ( ;  ; )

 

 

その後も数分置きにバスが来るも

さーっと通り過ぎてゆく…

 

 

ここから動いた方が良いのか

動かない方が良いのか途方に暮れていると

 

 

 

1台のバスがやってきた。

 

じー。

運転手がこっち見ている…

 

あ💡私たちが乗ってたバスの運転手だ

さおりが気づき

運転手が隣に座っていたアジア人がいないと迂回してくれていたのだ

 

 

ほっと一安心。

 

 

そこからバスは1時間程度走り、バスはLa Pazのバスターミナルに到着

事前に調べたナンバー付きのラジオタクシーに乗ること!

 

こうして目星のつけた宿に到着

時間は夜中の0:30だった

 

 

あーお腹すいた…

どっかご飯たべれるところないかな。。。

 

 

宿のおじちゃんに相談してみた

 

君たちこれから外食するのか?

この時間やってる店は….

んー。あ、あそこぐらいだな

お金は使う分だけにしなさい

もう1時近いのか。危ないから、行きは私が一緒について送ってあげるから、帰りは本当に気をつけて帰ってくるんだぞ?わかったね?

 

 

当時のボリビアLa Pazは極悪都市として名前が挙がっており、ごっそり大きいバックパック丸ごと取られてしまう強盗や窃盗が多かった。

 

 

屋台はもう閉まっていて、おじさんが連れて行ってくれたレストランに無事到着して、無事にご飯も食べてお会計の時…

 

 

言われた金額を出して

さて、帰ろ♪

 

 

Disculpe?

(ちょっといい?)

 

 

はて?

 

 

お金違うわよ?

 

 

٩(๑☉ᴗ☉)੭ु⁾⁾???

 

 

 

ボリビアーノ(ボリビアのお金)とペソ(ペルーのお金)間違えた……

 

 

 

 

ひょっこり

うっかりはん。

 

 

いやいや。ひょっこり うっかりしている場合じゃない

 

それと同時に

 

お金は使う分だけにしなさい…使う分だけにしなさ..…しなさい….

 

脳内に響く、宿のおじちゃんの声と

 

 

”絶対にさおりは私がまもるからぁぁああ……..守るからぁああぁ…

 

出発前の私の意気込み

 

 

後輩の可愛い可愛いさおりを夜中のLa Pazの街を歩かせるわけにはいかん!!

 

 

“俺がやらなきゃ誰がやるううぅぅぅぅぅぅ”by孫悟空

 

 

 

とは言わず

 

 

 

 

その勢いで、さおりをお店に残し夜中1:30のLa Pazの街へ飛び出し、しーーーーんとした街にふらっといる奇声をあげる不審者を物ともせず、標高4000m近いこの街を全力疾走するのであった….

 

 

 

 

ハァハァ….

 

 

ゼェゼェ….

 

 

ze-ze-ha-ha-

 

 

 

宿の表門は格子がかけられ

 

 

 

ドンドンドンドン

 

裏門を力一杯叩いて、びっくりした宿のおじちゃんにこの事態を説明

 

 

 

 

バカぁ!!!!!!

 

 

 

ノミの心臓が止まる勢いで怒られるのでありました…….ぐすん

 

読み終わったら下のボタンを1クリックお願いします👇

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
押していただくと、私のランキングが上がります。
私が悪い顔してニヤけます。

そーゆーやつです。

投稿者: 0eria0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です