【キリマンジャロ登山】6日間ルートの全貌公開!!

臭い匂いってなんだかもう一回嗅ぎたくなってしまう感覚と苦しいのにまた登りたくなる山の感覚と同じだと思っているerianneです。

 

 

って違うかー!

 

 

本日はキリマンジャロのルートの全貌をお伝え

 

とその前に…..

アフリカ大陸のタンザニアの公用語のスワヒリ語について

 

(° ꈊ °){いきなりスワヒリ語講座✨

ジャンボ =こんにちは

マンボ = 元気?

ポア = 元気だよ

カリブー=ようこそ/召し上がれ

ポレポレ = ゆっくりゆっくり

ピリピリ= 唐辛子

ラフィキ= 友達

マジ = 水

ハクナマタータ = なんとかなるさ(心配ないさ)

これくらい覚えておけば、最低限ですಕೣೢ௰ಕೢೣ

————————————————– 



 

キリマンジャロに行く前に…

 

タンザニアは南国フルーツの美味しい国♡

パイナップルの甘さは世界3本指に入るのでは⁈と勝手に思っております♡

好きなフルーツで殿堂入りを果たしているパイナップルを登山前に屋台で一房丸々いただきました⭐

 

幸せやぁ〜💕

 

 

 

1日目

9:30ピックアップにて、自分のホテルにお迎えに上がります🚕

私の時はバックパック(全荷物)を持って、そのままレンタル用品貸し出しの場所へ

👉ここではそんなに時間がないので、何を借りるのか、予めリストアップして行った方がスムーズかも

 

モシ→キリマンジャロ ナショナルパーク マチャメゲートまでは45分🚕

 

お昼🌞

ランチボックスをもらうのでご飯を食べたり、入山料を、支払ったり、トイレに行ったり

14:00頃登山開始

Elevation :1800m→2835m

Distance: 11km

Hiking Time : 4〜5hours

Habitat:Montane Forest

Meals: 昼•夜

 

 

少し湿度も高い森の中をひたすら歩きます。

日本の登山感覚です

全然構えなくて大丈夫

 

山道には色々な植物もあるので、そういった点も楽しみながら歩くと楽しいです。初日は富士山よりも低いキャンプサイトにて休むことになるんですが、ゆっくり歩くことに慣れていないので、少し意識してのんびり歩きましょう。ガイド達に翌日以降の体力を残すためだからと口すっぱく言われました。🚶‍♀️

私の登山グループは私と 通称:おじさん少年のよしさん(当時37歳)、オーストラリア人のイケメンラデン、スウェーデン人のカレンの4人でした!

キリマンジャロ登山中は毎日一緒にご飯を食べたり、話しながら登っていくメンバーですね!見ての通り、ラデンはムキムキ青年なのでポレポレ(ゆっくり)精神はなく、ひょいっと先に登ってました

もちろん一番散らかっているのが私のテントです👈

初日はさほど標高も高くなかったのでタイパンツとTシャツで登ったんですが、キャンプサイト到着した途端に汗でびしょびしょになったTシャツは冷え、寒くて死にそうになったので、初日にはタオルやら着替えを自分のdayバッグに入れておくことを忘れないようにしましょう。

 

そんな服達をテントの上に干して乾かしていたんですが、夜冷えて結露でもっとびしょびしょになったのはここだけのお話🌞



2日目

Machame Camp→ Shira Camp

7:00 起床

7:30 朝食

8:00 登山開始

Elevation :2835m→3750m
Distance: 5km
Hiking Time : 4〜5hours
Habitat:Moorland
Meals: 朝•昼•夜

登り始めてからすぐに長い谷を登っていきます。岩場が多くゴツゴツしてる。

 POLE POLE(ゆっくり登る)精神を忘れず、水をたくさん飲んで、たくさん排出しながら進んでいこう。ここの意識で変わるのは後に苦しむであろう高山病です。息が切れないくらいゆっくり歩くのがポイント💡

 

 

初日は山道に公衆トイレもありましたが2日目からはありません🚻

 

 

おめでとうございます 

 

晴れて野しょんデビューを迎えることになりましたね👏

 

 

野しょんしている時の誰か来るんじゃないかって言うハラハラ感がたまりませんよ😏

 



3日目

Shira Camp→Lava Tower→Barranco Camp

7:00 起床
7:30 朝食
8:00 登山開始

Elevation :3750m→4600m→3950m
Distance: 10km
Hiking Time : 5〜6h
Habitat:Semi-desert
Meals: 朝•昼•夜

 

 

 

この日はなかなかハードな日。朝から900mも登り、高度順応のために下ります。

登山をされている方は知っているかもしれませんが、標高が100m上がるごとに気温は0.6度下がります。この日はベースキャンプを出発して4600m付近に行くまでに5℃以上も違うわけです。

前日のShiraベースキャンプから東の尾根に向かって歩き出し、キボの山頂方面に交わった道を進みます。その後南東のLava Tower(4600m)へと方向へと進むルートです。Lava Towerは【サメの歯】と呼ばれていて、本当に歯の形のような見た目であります。やはり4600付近は風もあり、体感温度は氷点下のような肌をつんざく寒さであります。

なぜだかまだ必要ないと高を括り手袋をせず登山をしていたため、私、手が取れるかと思いました😫

Lava Towerへはランチボックスを持って行き、昼食を取った後はBarranco Campへとひたすら下り道!!

大きいパイナップルのような不思議な植物にあえます

3日目は下りもキツイので膝を痛めないように気をつけたい。

山登りのキツさは下り坂の方だと感じている私には中々堪えました

この日のボディケアが今後、山頂を目指すに当たって大事になってくるので、マッサージして、ゆっくり体を休めてくださいね♡

 

 

この日から本格的にグループメンバー私以外は高山病の症状が出始めておりました。

 

高山病の症状とは…

*👉は症状が進んだときの状態

 

⭐頭痛👉鎮痛剤で治らない

⭐食欲不振、吐き気👉嘔吐

⭐疲労、脱力👉運動失調

⭐腹痛(お腹がゆるくなる)👉下痢の嵐

⭐睡眠障害

⭐めまい、ふらつき👉傾眠傾向(眠気)、無気力

⭐むくみ

 

特に初日飛ばしまくっていたラデンは頭痛がひどく顔色も悪かったです。

とにかくたくさん食べてたくさん水飲んで、たくさんトイレに行って、たくさん寝ることが本当に大切です。

 

私は登山中、誰よりもご飯を食べておりました。

これでもかっていうくらいの量のご飯が出るんですが、残っていたものまでも食べておりました👈がめつさ

 

寒さで眠れなくならないようにホッカイロもエマージェンシーシートも使って寝つきはとても良かったです。でも4時くらいに寒さで目覚めます。

それでも二度寝を含んで8時間以上は寝ていたかと笑

 

 

でもそれが大切です!!!

お陰で高山病の薬は一度も服用せずに済みました

 

 

 

4日目

Barranco Camp→Barafu Camp

7:00 起床
7:30 朝食
8:00 登山開始

Elevation :3950m→4673m
Distance: 9km
Hiking Time : 6〜8時間
Habitat:Alpine Desert
Meals: 朝•昼•夜

朝のスタートは登山スティックを畳んだ状態でスタートですBarranco Wallを登って行きます。

 

 

 

はい。こちら👇

ほぼ崖ね

ちゃんと両手が使えないと登れないから、登山スティックはバックパックに取り付けたんですね。ポーターの方々は1人20キロ近くの荷物を頭に乗せてこれを登るんだからすごいです。頭が上がりません

 

 

4200m地点に到達をすると、そこからKaranga Valleyを下って行きます

この日は一番はアップダウンの激しい日です。POLE POLE(ゆっくりゆっくり)進むことを忘れないでくださいね。

自分のペースが大事、息が上がらないくらいゆっくり進むことがコツです!!

 



5日目

4日目が終了し、18:00から食事をとり、すぐに体を休めます

23:00くらいまでしっかり寝てください

5日目に日付が変わったところから山頂アタックの始まりです。

登る前の食事はビスケットのみなので、お腹が空きそうな方は持参してください。下山するまでご飯は食べれません

私のグループは0:30ごろからスタートとしました!

 

Elevation :4673m→5895m

Down:3400m
Distance: 5km up /10km down
Hiking Time : 5〜7h up/3〜4h down
Habitat:Stone scree and ice capped summit
Meals: 朝•昼•夜

ヘッドライトは必須です

 

【私の服装】

インナー2枚 、フリース、ウルトラライトダウン、マウンテンパーカー、ニット帽、ネックウォーマー、モモヒキ、防寒下、レインウェア、靴下2枚、手袋、ニット帽

体に関しては全く寒くありませんでしたが、手と足が尋常じゃない寒さでした☃

 

 

同じグループの私以外のメンバーは重度の高山病症状が出ていて吐きながら、眠気と戦いながら一緒に進んでいましたが、途中でガイドにeriaは先に行ったほうが良いと言われ、ぐったりしたよしさんに、私のアウターダウンをかけてあげて先に進むことにしました。

 

この標高となると、息切れをせずに登ることはもはや難しく、それでもゆっくり、深呼吸をするようなイメージで息をしていましたね

 

 

山頂手前のポイントのステラポイント

 

私はそこが山頂だと思って登っていたのにまだ200m手前であった。

 

 

山頂まではあと1時間くらいだ。とガイドのマトンゴさんに言われ、最後はクライマーズハイのような感覚になり、小走りで山頂に到着するのでありました。

 

 

7時間で山頂到着

とにかく呼吸を乱さない速さで歩くことを意識してました。

5日目は一番ハードで下りも長いので、気合い入れて登ってくださいね( ꒪ͧ⌓꒪ͧ)

日が昇ってからはサングラス必須です!!

 

 

 

6日目

 

ひたすら下山

 

f:id:erianne:20170202072255j:image

*すっぴんはご愛嬌ってことで

 

 

毎日野しょん生活をしていたからか、下山日から1週間トイレを我慢するというのができなくなってしまいました。

 

人間の脳は不思議ですね

 

 

 

長くなりましたが参考になればいいな(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧

 

 

読み終わったら下のボタンを1クリックお願いします👇

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
押していただくと、私のランキングが上がります。
私が悪い顔してニヤけます。それをおかずにご飯食べます。そーゆーやつです。

 



投稿者: erianne

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です